初心者のための歯科医師国家試験情報サイト

歯科医師予備校の学習法

歯科医師国家試験の一般問題

歯科医師国家試験の一般問題 歯科医師国家試験は歯科医学及び口腔衛生、歯科医師として必要な知識や技能を問う試験で、現在の歯科医師国家試験は見直しがおこなわれ、改定された基準は平成30年2月3日および4日に実施された試験から採用されています。
試験内容は必修問題、一般問題、臨床実地問題からなり、一般問題は総論と各論で構成され、領域A・B・Cに分かれて出題されます。配点は領域Aの総論は1問1点、BとC領域は1問3点です。Aにあたる総論は歯科医学全般からの出題で、衛生や基礎系科目・臨床系科目の分野がこれに該当します。Bの各論は衛生に関連して歯科疾患の予防や管理、成長発育の過程での疾患や病態、他には歯・歯髄・歯周組織の疾患に関連して修復や歯周病についての出題です。領域Cは顎・口腔領域の疾患に関係して放射線や口腔外科、麻酔分野の出題が、歯質・歯・顎顔面欠損と機能障害に関する内容として部分床や義歯について問われます。また高齢者等に関連した疾患・病態・予防ならびに歯科診療に関する知識を問う問題も出題されます。

疾患に対する知識も必要な歯科医師国家試験

疾患に対する知識も必要な歯科医師国家試験 歯科医師になりたいという場合には、医学部で歯学について学んだ後に卒業し、歯科医師国家試験を受験して合格することが必要です。その後の実務経験を積むためにもこのことは避けては通れないのです。歯科医師国家試験では、歯科保健医療総論や歯科疾患の予防や管理、歯内療法学等の範囲や、歯周療法学や保存修復学、全部床義歯学や部分床義歯学等等の知識が問われます。歯科医師国家試験は歯科医師になるための登竜門でもあり、この関門を経て歯科医師としての道がつながっていきます。
歯科医師の国家試験の合格者は毎年2000人くらいで、合格率も6割代や7割代で推移しておりそれほど多くの合格者とはなっていませんし、歯学部で学ぶことが前提の試験であり難関試験であることは変わらないといえます。この国家試験のために予備校に通って学習を進める人もおり、模擬試験などを受けて合格を目指す人も多くいます。歯科医師の国家試験は疾患に対する知識などが必要とされ、幅広い出題範囲です。