初心者のための歯科医師国家試験情報サイト

歯科医師予備校の学習法

歯科医師国家試験の必須問題

歯科医師国家試験の必須問題 歯科医師国家試験の必須問題というのは、歯科医師であれば誰でも理解しておく必要があるような基礎的、基本的な問題のことです。
歯学だけに関わるような問題というよりは基礎医学全般から出題されることが多くなっています。
問題数や難易度に関しては毎回のように変わっているので一定の見解を示すことは難しいのですが、基礎的な問題であり、真面目に勉強していれば、歯科医師国家試験を受験するような人であれば誰でも分かるようなことが中心です。
過去には、内容からみて基礎的とはいいがたいということが後から分かり、不正解者はその問題そのものを採点から省くという措置が取られたこともありました。
歯科医師国家試験では、合格基準が項目ごとに設定されていますが、必須問題はその性格から考えても高い合格基準が設けられており、全体の8割が正解していることが必要とされています。
8割というのは他の問題に比しても高い水準が設定されていることは間違いありません。

医学部を出て歯科医となるために必要な歯科医師国家試験

医学部を出て歯科医となるために必要な歯科医師国家試験 医学部を出て歯科医師になりたいという場合には、歯科医師国家試験を受験して合格する必要があります。
歯科医師国家試験の合格率は毎年推移しますが、70%くらいの年もあれば64%くらいの年もあり、難易度は高いと言われています。
試験では、解答を出すために必要な他の教科の知識なども問われたり、過去問では出てこないようなこれまで解いたことがない観点からの問題なども増加傾向になると言われ、過去問通りの問題は大幅に減少し多と言われています。
歯科医師国家試験を受験した時、消去法で考えざるを得ない問題や手順を並べ替えたり、計算したりする問題の出題が多くなっており、そのことが難易度が高いと考えられている理由ということです。
覚えればよいという問題ではなく、それを基に自身で解決法を見つけなければ解けないような問題が多く出題されるのが歯科医師の国家試験の傾向と言えます。
このことは、歯学部に入学する時点での偏差値等、大学に入学する以前の学習も重要なポイントと言われているのです。