初心者のための歯科医師国家試験情報サイト

歯科医師予備校の学習法

国家試験の総論問題

国家試験の総論問題 歯科医師国家試験を受験したいと考えている場合は、総論問題に関する対策もしっかりととっておくことが大切です。きっちりと対策をしたうえで歯科医師国家試験に臨むことで、合格する確率を高めていくことができます。受験対策をする場合にはいくつか方法があるので、自分に合った方法で勉強をしていくことが重要です。大学で受験対策をしてくれることも多いですが、それだけではきちんと理解することができないという人もいるでしょう。歯科医師国家試験の受験に特化した予備校や塾などが開校している場合もあるので、活用してみるのも一つの手段です。その他の手段として、市販されている問題集を活用してみるのも良いかもしれません。総論は国家試験の中でも重要視されている分野であり、できるだけ正答率を上げる努力が必要です。解説が詳しく掲載されていてなおかつ国家試験に対応している問題集を利用することで、より自分の知識などを高めていくことができます。

合格後に保健所で免許手続きする方法

合格後に保健所で免許手続きする方法 歯学部に在籍してから必須科目・臨床研修を終えると、歯科医師国家試験を受験する資格を得られます。毎年2月上旬に試験があり、約2週間で合否判決が出ます。無事、歯科医師国家試験に合格をすれば証明書が発行されて新規に免許取得を保健所で申請することになります。免許の申請はお住まいの地域の保健所でするのが一般的で、必要なものは厚生労働省が発行する申請書・歯科医師国家試験合格証明書・戸籍謄本・収入印紙6万円分と、健康診断書を持参します。新規免許登録の際に注意しないといけないことは、登録が完了するまでには約3か月から4か月の期間が掛かるという事です。その為、合格後速やかに必要書類を揃えて申請をしておかないと次年度からの医療活動に支障をきたす恐れがあります。籍の登録が完了すれば厚生労働省経由で自宅に登録証明書はがきが郵送されるので、そのはがきと印鑑をあらためて持参すれば免許証を受け取ることができます。本人以外の方の場合は、委任状も必要です。