初心者のための歯科医師国家試験情報サイト

歯科医師予備校の学習法

歯科医師国家試験の科目

歯科医師国家試験の科目 歯科医師国家試験を受けるためには、まず予備試験に合格する必要があります。予備試験の科目は、学説試験として第一部試験の解剖学・生理学・生化学・薬理学・病理学・微生物学・衛生学があり、第二部試験の口腔外科学・保存学・補綴学・矯正学・小児歯科学があります。また、実地試験として、口腔外科学・保存学・補綴学・矯正学がおこなわれます。
歯科医師国家試験の本試験では、必修の基本事項から22パーセント・歯科医学総論から28パーセント・歯科医学各論から50パーセント出題されます。必修の基本事項には、「医の倫理と歯科医師のプロフェッショナリズム」「社会と歯科医療」「チーム医療」など13項目あり、歯科医学総論には、「保健・医療と健康増進」「正常構造と機能・発生・成長・発達・加齢」「病因・病態」など8項目、歯科医学各論には「成長・発育に関連した疾患・病態」「歯・歯髄・歯周組織の疾患」「顎・口腔領域の疾患」など6項目があります。

歯科医師国家試験の必修対策

歯科医師国家試験の必修対策 歯科医師国家試験は、国家資格である歯科医師免許を得るための試験で、歯科医師になるためにはこの試験に合格することが必須となります。
必修試験を通過するには過去問をひたすら解き、問題慣れをすることをお勧めします。実際に過去に出題された問題を解いていくことで、問題の傾向の把握をすることが出来ます。最近の問題だけではなく問題集一冊行うくらいの気持ちで臨むのがいいでしょう。昔の問題の復刻が出題されている場合もあるので、解いておいて損はないはずです。また、解いてみて出来なかった問題をピックアップし、どのような問題に苦手傾向があるのかを理解することも必要です。やみくもに問題を解くだけではなく、間違えた部分を確認し、苦手な部分を重点的に学習しなおすことが理解することにつなげられます。必修は他の問題で挽回が出来ない分野ですので、苦手な部分をなるべくつぶし、知識を身に着けて歯科医師国家試験に臨むことが大切となるでしょう。