初心者のための歯科医師国家試験情報サイト

歯科医師予備校の学習法

歯科医師国家試験の出題範囲

歯科医師国家試験の出題範囲 歯科医師国家試験の出題範囲ですが、必修問題と総論問題を含む一般問題、臨床実地問題とに分かれています。
必修問題では、基礎医学系の問題が中心となって出されます。
必修問題は歯科医師として勤める際に必要となる基本的な知識及び技能を学ぶ目的で出題されています。
総論問題は、歯科保健医療総論の中から問題が出ます。
一般問題は試験の範囲が広く、歯科疾患の予防・管理をはじめとして歯科放射線学や歯科麻酔学といった内容となっています。
臨床実地問題は、臨床における問題解決能力を必要とすることから重要視されているようです。
必修問題の出題数は80問、一般問題は180問、臨床実地問題100問の合計360問となっています。
出題形式は、5つの選択肢から3つの正解を選択する「X3タイプ」、5つの選択肢から4つの正解を選ぶ「X4タイプ」、治療手順などを解答する非選択形式の順序問題などに分かれています。
歯科医師国家試験は4年に1度変更されるため、その都度見直しが必要になります。

歯科医師国家試験に向けて行なう効果的な学習方法とは

歯科医師国家試験に向けて行なう効果的な学習方法とは 歯科医師国家試験を前にして、どうしたら効果的な学習ができるのでしょうか。
最も効果的な方法は、きちんと基礎から始めることです。
基礎をしっかりと勉強すれば、全科目の土台を築くことになるからです。
また歯科医師国家試験に備えて勉強する際には、一つ一つの科目に時間をかけ過ぎないようにするのも大切なポイントとなっています。
実際、一つの科目を深い部分まで突き詰めて考えていたら、あっという間に時間が過ぎてしまい他の科目の勉強ができなくなってしまうからです。
歯科医師国家試験においては、全科目でまんべんなく点数を取る必要があり、そうでないとそれぞれの科目の基準点に到達できなくなってしまうのです。
それで、歯科医師国家試験に向けて行える効果的な学習方法として、まず全体像をざっと把握するために総論から各論を学ぶことが勧められています。
最善なのは、まず全体像を掴んだ上で、一つ一つの科目をきっちりと勉強していくことでしょう。